ストレッチには二つの異なった種類があります

実は筋肉の表層しか伸ばせていないストレッチ

ストレッチの効果はどのようなものがあるのでしょうか。一般にストレッチというと固いカラダを伸ばすイメージが持たれます。しかし、多くの人が「私はカラダが固いからストレッチは無理」と決めつけていることが多く、せっかくストレッチを行っても表層の筋肉しか伸ばせていないのが現状です。ここでは、ストレッチの効果をより詳しく見ていきましょう。

スタティックストレッチとは

まず、ストレッチは大きく分けて2種類のやり方があります。ひとつは静的ストレッチと呼ばれるスタティックストレッチです。これは一般的なストレッチのことを指します。効果としては①カラダをやわらかくする。②リラックスできる③疲労回復の効果がある。などです。こわばった筋肉に血液を流し込むことで筋肉がほぐされ筋肉の線維がやわらかくなります。血流障害が原因の肩こりや腰痛などには効果てきめんで効率よく筋肉のこわばりを取ってくれます。また、筋肉のこわばりが原因の肩こりや腰痛などは前後左右の筋バランスが崩れていることが多く、筋肉のこわばりの強い部分だけのストレッチを行う事でアンバランスが改善され痛みが軽減されます。さらに、スタティックストレッチを行う事でケガをしにくくなります。スポーツや日常生活などで転倒してしまった時、カラダの柔軟性があれば関節の柔軟性があることで緩衝作用が働き大ケガをする危険性が低くなります。スタッティックストレッチは高いリラックス効果を生みます。深呼吸などの呼吸法を取りいれることで自律神経の副交感神経が優位になりゆったりした気分にさせてくれます。結果的に睡眠の効率も良くなり、質の高い睡眠が得られて日常生活もより活発になります。さらに、ストレッチによって筋肉内の疲労物質を体外に放出出来るので、より酸素濃度の高い新鮮な血液を体内に送ることが出来ます。

ダイナミックストレッチとは

スタティックストレッチに対してダイナミックストレッチというストレッチ法があります。これは動的ストレッチといって体操的な要素が強く、動きの中で筋肉を伸ばしストレッチ効果を得るものです。代表的なダイナミックストレッチはラジオ体操です。スポーツ選手が行うウォーミングアップにも多く取りいれられているようです。スタティックストレッチに対してダイナミックストレッチの効果は、まず、筋肉や関節を動きやすくさせることです。こうすることにより、運動パフォーマンスを向上させます。さらに、筋肉や関節の血流を良くすることでケガの予防にもつながります。

スタティックストレッチのメニュー

スタティックストレッチは、肩こりなどの筋肉内の血流障害に対して行うのがより効果を実感できます。まず、椅子に座ります。背筋を伸ばして背中をゆっくり丸めながら肘と小指を胸の前で付けます。つぎに手のひらを外側に向けながら肘を開き、肩甲骨を背骨側に寄せるようにして胸を張ります。肩甲骨の動きに意識するとより効果的で、背中を丸める時は息を吐き、胸を広げる時は息をゆっくり吸うようにします。ゆっくり10回ほど行うと肩周りの筋肉が緩んでくるのが実感できると思います。ここで、注意したいのは、カラダが固くなりやすい人は力を抜くことが上手ではありません。「ストレッチしよう」「リラックスしよう」と考えすぎてしまう傾向が強すぎてかえってカラダが緊張してしまうようです。音楽を流しながら行ったりアロマを焚いて心身ともにリラックスできる環境を作ってあげるのも大切になります。

ダイナミックストレッチのメニュー

スタティックストレッチと同様に肩こりに対して行うダイナミックストレッチをご紹介します。足を片幅くらい開き立ちます。指先を肩の部分に当て、肘を大きく回すようにして腕をまわします。回す時になるべく大きく、肩甲骨を動かすイメージで行うとより効果的です。

ストレッチについてのまとめ

ストレッチといっても様々なやり方があります。静的なストレッチはリラックス効果が生み、一日の疲れを取るのに効果的です。対して動的なストレッチでは運動パフォーマンスを向上させるのに効果的です。用途によって上手に使い分けて下さい。

関連記事

  1. 妊活中の方におすすめ!子宮を温める簡単ストレッチ

  2. 腰痛を予防するのにおすすめのストレッチ!おなか周辺を伸ばすストレッチメ…

  3. 緊張性の腰痛はストレッチで緩和できる!腰が楽になる2つの方法

  4. アンチエイジングにも!空き時間を利用してできるストレッチ

  5. バストアップに効果抜群のエクササイズ!胸周辺を伸ばすためのストレッチメ…

  6. 体を動かさない筋トレ?アイソメトリック筋トレの2つのやり方!

  7. 不調に気づきづらい大胸筋の3種のストレッチ!凝りによる症状は?

  8. 頑固な肩凝りの3つの影響!ストレッチで簡単に肩凝りを解消しよう