筋トレを毎日したらダメな理由

筋トレを毎日してはいけない理由は、筋肉が付く理由と関係しており、毎日筋トレをすると逆に筋肉が付かない恐れが出てきます。また、身体に深刻な悪影響を及ぼす可能性があり、生活に支障をきたしてしまいます。毎日筋トレをしている人は、今回ご紹介する内容で今の筋トレが間違っていないかを見直す参考にしてください。

筋肉が付く理由

筋肉は筋トレをしている時に付いているわけではありません。筋トレは筋肉を壊す作業をしていて、それを修復する過程で筋肉は付いています。これは超回復と呼ばれるもので、一度傷ついた筋肉が筋トレ前の状態より、回復する特性の仕組みのことを言います。このように筋トレは回復過程が重要で、回復のためには休養が必要になります。超回復は筋トレ後48~72時間程度に起こり、この期間に次の筋トレをすると筋肉が成長していくと言われています。

毎日筋トレをする危険性

毎日筋トレをするとオーバートレーニングに陥る可能性があります。オーバートレーニングとは、言葉が示すとおりトレーニングのしすぎで起こる状態で、全身疲労と停滞を引き起こします。筋トレの強度と量が多過ぎる場合に起こり、自分の能力に見合ってない負荷を掛けた場合に起こり易くなります。筋トレによるオーバートレーニングの兆候は以下のようになっています。
・筋力増加の減少と停滞
・睡眠障害
・体重の減少(食事制限をしていない場合)
・食欲不振
・長引くインフルエンザのような症状
・なかなか治らない風邪
・筋トレへの関心の喪失
・情緒不安定
・過度の筋肉痛

毎日全身の筋トレができている人

毎日全身の筋トレを出来ている人もいると思います。そうゆう方は一度、筋トレのメニューを見直す必要があります。なぜなら、現在の筋トレのメニューでは、重量や回数などの負荷に慣れてしまい、あまり効果のないものになっているからです。例えて言うのなら、力仕事を始めた人が仕事を始めて直ぐは筋肉痛になりますが、慣れてくるうちに筋肉痛にならずに、毎日仕事ができるようになります。このように毎日できている筋トレは日常に起こる負荷と変わらなくなってしまっています。筋肉は負荷に慣れると成長しなくなるので、定期的に使用重量の増加や種目に変化を付けて行うことが必要になります。

毎日筋トレをしたい場合のメニュー

毎日筋トレをしたい人は、1日に全身を鍛えることは避ける必要があります。方法として〔上半身の引く動作・上半身の押す動作・下半身〕や〔身体の前面・身体の後面・補助的筋トレ〕などのように、1日に鍛える部分を分ける必要があります。このことにより部分ごとの超回復が促され、効率的に鍛えることができます。ですが、適切な休息日を設けなければ筋肉に悪影響をもたらすので、休息日を入れた筋トレが必要になります。

毎日の筋トレはメリハリをつけて行おう

筋トレをするだけでは筋肉を効率的に付けることはできません。筋肉は修復過程で成長するので、筋トレをしたら筋肉に休息を与えないといけません。休息には食事や睡眠をしっかりと摂る事が重要で、それらは栄養の吸収やホルモンの分泌を促進させて、筋肉の成長を促してくれます。毎日の筋トレには休息日も入れたメニューを考えて、メリハリを付けた筋トレに励んでください。

関連記事

  1. 筋トレはダイエットに効果抜群のトレーニング!筋トレをすればもっと楽にや…

  2. ふくらはぎは第二の心臓!膝の筋トレで老化知らずに

  3. 筋トレの効果的に進める7つの原則

  4. 筋トレにプロテインは必要なのその疑問にお答えします

  5. ムキムキにならない女性のための筋トレ法女性ホルモンとの関係

  6. ヒラメとマグロあなたはどっち派 筋線維のおはなし

  7. トレーニング効果を簡単にアップさせる方法とは?筋トレ前にウォーミングア…

  8. 筋トレの持つトレーニング効果とは?パワー・スピード・スタミナそれぞれを…