筋トレの効果アップ!ヨガや他の運動と一緒に行うコツ

筋トレとヨガの違い

インド発祥のヨガは、日本だけでなく世界中でブームになっています。若い女性にっては、筋トレよりもヨガの方が人気があるようにも見えます。ヨガにはたくさんのポーズや、一口にヨガと言ってもさまざな種類がありますが、ある程度の筋肉や体幹が整っていないと上手く取ることのできないポーズもあります。では、筋トレとヨガの違いはどんなところにあるのでしょうか。まず大きな違いとして、筋トレの場合はトレーニングにより筋肉を破壊してその後再生することにより、筋肉を付けるというトレーニングの流れです。それに対して、ヨガの場合はインナーマッスルを鍛えたり、柔軟性を高めたりすることには役立ちますが、筋トレのようにムキムキの身体になることは少ないと言われています。

そしてもう一つの違いとして、ヨガはリラックス効果が高く、自律神経を整えるのにも効果的です。一般にヨガというと「足首を3回ずつ回す」「手を背中の後ろで合わせる」「長座になって身体をひねってその姿勢をキープ」などいろいろなポーズを取るイメージが強いですが、こうした一連のポーズを取った後に瞑想を行うことが多いです。身体の巡りを整えて気持ちが落ち着いたところで行う瞑想には、高いリラックス効果があります。瞑想にはいろいろな意味が含まれていますが、今回のテーマに関して言えば、瞑想をすることで、その日の自分の身体の調子を感じることもできます。筋トレの場合には、瞑想を行うことはほとんどなく、これも大きな違いと言えます。

 筋トレを、ヨガや他の運動と一緒に行うコツ

ヨガにはインナーマッスルを鍛えて、筋肉の柔軟性を高め、リラックス効果があることが分かりました。そこで、筋トレを行う前後にヨガを行って身体の調子を整えたり、筋トレで筋肉痛を感じてトレーニングをお休みしている間にヨガを行うのもおすすめです。ヨガは、基本を覚えてしまえば、自宅などでも手軽に行うことができます。好きな音楽やアロマなどを楽しみながら、ヨガを取り入れてみるのもおすすめです。筋肉を付けることには直接つながらなくても、インナーマッスルを鍛えたり筋肉の柔軟性を高めたりすることは、筋トレを行う上でとても大切です。

またヨガの他におすすめの運動としては、ウォーキングやランニングがあります。特に筋トレを行った後にランニングを行うと、成長ホルモンの分泌が盛んになり、脂肪をより効率よく燃やすことができます。ただしケガや事故などを防ぐための安全面から言えば、始めにジョギングなどで軽く身体を温めておいてから筋トレを行う方がおすすめです。つまり、筋トレと合わせてランニングをトレーニングメニューに取り入れる場合には、最初にジョギング、次に筋トレ、最後にランニングという流れがベストです。筋トレだけを単独で行うよりも、心肺機能を高めることにつながります。また筋トレを行うと分泌される「成長ホルモン」は別名「若返りホルモン」とも呼ばれ、肌を美しく保ちたいという女性には大切なホルモンであり、肌の新陳代謝やターンオーバーを促してくれます。それぞれ単独で行う場合に比べて少し時間とエネルギーがかかりますが、「少しハードでも、トレーニングを行ってもっと健康的できれいな身体になりたい」という女性には、ぜひおすすめです。

関連記事

  1. 自分にとって最適な筋トレとは?体質を理解した鍛え方でトレーニング効率が…

  2. 筋トレの正しい補助の仕方、毎日の筋トレメニューを安全に行おう

  3. 初心者でも安心してできる筋トレ!マシントレーニングで筋トレするメリット…

  4. 筋肉痛を起こしやすい筋トレと起こしにくい筋トレ

  5. ふくらはぎは第二の心臓!膝の筋トレで老化知らずに

  6. 筋トレの効果をさらにアップ!道具・音楽・アロマのポイント

  7. 有酸素運動は逆効果?無酸素運動の筋トレとの2つの違い・応用法とは

  8. 筋トレだけじゃない!プロテインは有酸素運動にも有効