筋トレに有効な食事をしよう!コンビニ弁当に一工夫

筋トレをしている人はきちんとした食事管理をしなければいけませんが、手軽に食べられるコンビニ弁当は、忙しい時や食事の支度が面倒な時に便利な食事です。そんな日が続くと、コンビニ弁当が多くなるなんてことも多くなってしまうと思います。コンビニ弁当は栄養が偏ってしまう点などから身体に悪いとされていますが、工夫次第では筋トレ向けの食事にすることも可能です。今回ご紹介する内容は、筋トレに限らず健康維持や体調管理にも役立つ工夫なので、コンビニ弁当を一工夫する参考にしてください。

筋トレの効果を台無しにする偏った食事とは

・偏った栄養
栄養には主に、五大栄養素と呼ばれる「炭水化物」、「タンパク質」、「脂質」、「ビタミン」、「ミネラル」の5つがあります。この栄養が偏る食事とは、〔おにぎり+カップラーメン〕などの炭水化物が多くなる食事や、〔サラダ+コーヒー〕などでは炭水化物、タンパク質、脂質がほとんど入っていない食事になります。筋肉に良いと思い、〔調理済みのササミ〕などの肉類だけを食べて、タンパク質だけを摂る食事も偏った食事になります。五大栄養をバランス良く選び食べることが、筋トレの効果を引き出す食時方法となっています。
・偏った食べ方
五大栄養素をバランス良く摂っても、筋トレに有効な食事とは言えない場合があります。ビタミンが足りないからと、〔1日分のビタミンが摂れるドリンク〕などの栄養が多く入っている食品を昼食と一緒に摂っても、一回で吸収できる栄養の量は決まっているので、全てが吸収できている訳ではありません。また、タンパク質を摂ろうとして牛カルビ弁当などの特定の肉類ばかり食べると、特定のアミノ酸しか摂れていないので、効率的なタンパク質の吸収はできません。栄養が1回の食事に偏ったり、栄養の質が偏ったりなどをしないように、色々な食事を分けて食べることが必要になります。

筋トレを無駄にしないためにコンビニ弁当に一工夫

コンビニ弁当でも栄養が偏らないためには、もう1品をつけ加えることで栄養のバランスが改良されます。〔おにぎり+カップラーメン〕だと〔カップラーメン+唐揚げ+サラダ〕など、〔サラダ+コーヒー〕だと〔サラダにゆで卵を乗せる+コーヒー+炭水化物入りゼリー飲料〕などの一工夫をすることで足りない栄養を補えます。また、〔1日分のビタミンが摂れる〕などの栄養が多く入っている食品は、一度に全部摂らずに分けて摂ることで多くの栄養を吸収できます。タンパク質のバランスは、チーズや牛乳や卵などのタンパク質を多く含む他の食品も一緒に摂ることで、不足しているアミノ酸が補えます。

筋トレに有効な食事はコンビニでもできるけど…

工夫をすることでコンビニ弁当も筋トレに有効な食事になります。炭水化物に炭水化物を合わせるような偏った食事をせずに、〔主食、主菜、副菜〕とバランスを考えて食事を選ぶと筋トレにも良い食事になります。ですが、コンビニ弁当は炭水化物と脂質の割合が多くなり、タンパク質の割合が少ない傾向にあります。筋トレには栄養のバランスが大切になるので、このような栄養バランスを続けることは、あまり好ましくはありません。筋トレを効果的にしたいのなら、たまに食べるコンビニ弁当は良いのですが、食べるのならきちんと身になる食事を心掛けてください。

関連記事

  1. 男性は厚い胸板、女性はバストアップに!胸の筋トレのポイント

  2. 筋トレを毎日行っても大丈夫か

  3. 初心者の詳しい筋トレメニュー負荷基準の設定

  4. 自分にとって最適な筋トレとは?体質を理解した鍛え方でトレーニング効率が…

  5. 筋トレ後の充実感 筋肉痛は必要か不要か

  6. 筋トレはダイエットに効果抜群のトレーニング!筋トレをすればもっと楽にや…

  7. 筋肉を付けるためのコツ!筋トレ後にたんぱく質をたっぷりと

  8. 細マッチョやスリムボディを目指す筋トレ!チューブの4つの利点