筋トレはダイエットに効果抜群のトレーニング!筋トレをすればもっと楽にやせられる

筋トレはダイエットに効果的?

筋トレで積極的に筋肉を鍛えるといまある脂肪を燃やせるのはもちろん、太りにくい体質を手に入れることもできます。筋トレは『無酸素運動』と呼ばれるカテゴリーに属し、ほかのエクササイズと比べるとかなり消費カロリーが大きいです。故に、単位時間当たりの燃焼効率はかなりずば抜けています。また、意外と知られていませんが私たちは運動していない時でもエネルギーを消費しています。極端なことを言うと、布団に横になって眠っている最中もエネルギーを使っています。考えてみれば当たり前のことで、私たちの体内にはさまざまな臓器があり、それを動かすためにはたくさんのエネルギーが必要というわけです。そして、これは筋肉にも当てはまります。筋肉の活動を維持するためにはたくさんのエネルギーが必要で、当然ながら筋肉のボリュームが大きければ大きいほど燃焼してくれる脂肪の量も増えます。なので、スリムな身体を手に入れたいのであればどんどん筋トレに挑戦しましょう。

ウォーキングと筋トレの違いとは?

ちなみに、ダイエットのための運動としてポピュラーなのがウォーキングなどに代表される『有酸素運動』です。確かに、脂肪を燃焼させることだけを目的にするのであればこれらも決して悪い方法ではありません。ただ、結局のところこれらはその場しのぎにしかなりません。有酸素運動は脂肪の燃焼を促しますが、それと同時に筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうことがあります。すると、体重計の数字は小さくなっていきますが、筋肉が少なくなってしまうわけですから基礎代謝は悪くなってしまうのです。いわゆる太りやすい体質であり、有酸素運動をやめた途端にものすごい勢いでリバウンドをしてしまう可能性が高いです。一方、筋トレを通してダイエットに成功した人は基礎代謝が良くなっているのでそう簡単にはリバウンドしません。故に、長い目で見ると筋トレの方がダイエットに向いていると言えます。

筋トレでダイエットをする時の注意点とは?

ただ、筋トレによるダイエットにはあまり即効性はありません。ですから、長期的なスケジュールで焦らずに取り組むことが大切です。とは言え、少しでも早くスリムになりたいと望んでしまうのもしょうがないことです。そんな時には有酸素運動と無酸素運動を併用するのがおすすめです。この際におすすめなのが筋トレなどの無酸素運動をしてからウォーキングやジョギングなど有酸素運動をすることです。なかには「順番どうこうでそこまで結果が変わるのか」と疑問に感じる人もいるでしょう。ただ、実際にはかなりダイエット効果が変わります。筋トレをするとさまざまなホルモンが分泌されるのですが、これらには脂肪を燃焼する働きがあります。故に、普通にウォーキングをするよりもかなり効率よく体脂肪を減らしていけるわけです。逆にウォーキング等を先にしてしまうとホルモンが分泌されていない状態で身体を動かすことになりますから少しばかり効率が悪くなってしまいます。もちろん、順番が逆だからと言ってダイエット効果がマイナスになるわけではありません。やらないよりはやった方がいいのは明らかです。しかし、効率を考えるのであれば筋トレを先にした方がいいのです。

関連記事

  1. ヒップアップや効果も!股関節とお尻の筋トレで美しい身体に

  2. お酒・タバコと筋トレの関係性とは?トレーニング効率を落とさない鍛え方と…

  3. 筋トレできれいなカラダを手に入れる成長ホルモンとは

  4. ふくらはぎは第二の心臓!膝の筋トレで老化知らずに

  5. 筋肉痛を起こしやすい筋トレと起こしにくい筋トレ

  6. 筋トレの正しい補助の仕方、毎日の筋トレメニューを安全に行おう

  7. 筋トレに有効なプロテインを選ぶ7つのコツ

  8. 筋トレでマッチョになりたい人は必見!筋トレを効率的にする鍛え方とは