筋肉を効率よく大きくする鍛え方とは?フリーウエイトで筋トレするメリット

フリーウエイトの魅力とは?

フリーウエイトの魅力はいまある自分の身体を理想とするボディーラインへ限りなく近づけることができる点にあります。オリンピックの重量挙げを思い受けべると分かりやすいかもしれません。フリーウエイトとはバーベルやダンベルに自由におもりを取り付けて、自分自身に最適な負荷で筋肉を追い込める筋トレの方法です。例えば、スポーツがうまくなりたいという同じ目的を持っていたとしてもどんなスタイルで筋トレをするべきなのかはそれぞれで異なります。過去に本格的に筋トレをした経験のある人はいきなり重たい負荷をかけても大丈夫でしょうし、逆に初めて筋トレに挑戦する人は少し軽めの重さから始めた方が良いのは明らかです。このように個々で目的が違う中、そういったそれぞれの要望にきちんと応えてくれるのがフリーウエイトの良さです。

マシントレーニング等との違いとは?

もちろん、自重を用いた筋トレやマシントレーニングが無意味というわけではありません。負荷が軽い分だけ気軽に取り組めるという点では十分に優れています。しかしながら、これらの筋トレ方法にはひとつ大きな欠点があります。それは負荷を自由に調節することができない点です。腕立て伏せのような自重トレーニングが体重を負荷として使うわけですが、その特性上体重以上の負荷をかけることができません。それに比べるとマシントレーニングはある程度負荷をコントロールできますが、それでもベストな状態を作り出すのはかなり困難だと言わざるを得ません。その点、フリーウエイトはグラム単位で負荷を調節することができるのでおすすめです。

フリーウエイトをする際の注意点とは?

フリーウエイトに取り組む時にはもちろん注意も必要です。筋トレに最適な負荷を設定できるということはその分だけ自分自身をギリギリまで追い込むことになります。つまり、筋トレの回数を重ねていくなかでターゲットの筋肉がヘロヘロになるのは明らかで、思いがけない事故が起こってしまう可能性もわずかながら秘めています。このフリーウエイトを最も安全に行う方法としては誰かに補助をお願いするかたちです。2人に両サイドからサポートしてもらうのが理想的ですが、1人いるだけでもだいぶ違います。しかし、なかにはそういったサポートを頼めない人もいるでしょう。そういった場合にはセルフでフリーウエイトをする人用のセーフティーバーが売られていますからこれらを利用するのもひとつの手です。フリーウエイトは効果が大きい分、専門的な知識が必要である部分は理解しておきましょう。

フリーウエイトに挑戦するためには?

最近ではインターネット通販の発達からフリーウエイトに必要な器具を自宅にそろえるのはそこまで難しくありません。いわゆるホームジムと呼ばれるもので、これを作ってしまえば順番待ちなどを気にせずに好きなタイミングでフリーウエイトできます。ただ、一式をそろえようと思うと数十万円かかってしまう可能性が高く、それを考えるとまずはスポーツジムでフリーウエイトに挑戦するのが一押しです。しかし、すべてのスポーツジムにフリーウエイト用の設備があるわけではないので、実際に通う場合には事前に確認をしてから申し込むようにしましょう。

関連記事

  1. ジムには2種類がある!フィットネスとパーソナルトレーニングの違い

  2. 食事の取り方でトレーニング効率がアップ!筋トレの効果を最大にするご飯の…

  3. 筋トレメニューの作り方、初心者が気を付ける6のこと

  4. 生活習慣が乱れがちな方が筋トレをするには?睡眠不足でも大丈夫!

  5. 男性は厚い胸板、女性はバストアップに!胸の筋トレのポイント

  6. 筋トレを毎日したらダメな理由

  7. Tシャツが似合う身体になろう!筋トレで腕の筋肉をアップ

  8. 筋トレの効果を引き出す食事方法